Archive for 7月, 2011

アトピーの治療には、まず知識が必要です!

土曜日, 7月 9th, 2011

>>詳しくはこちらをクリック

私もアトピーですから、よく分かります。
私の場合、両手の甲と手のひらの一部、
指の関節部が特にひどいのと、脚の乾燥がひどく
皮膚が剥離する状態でした。

寝ていてかゆみが止まらず、シーツが血だらけになるというのは
子どもの頃だけでしたが、それでも大人になった今でも
手がものすごく荒れてしまい、女の子の
「手のキレイな人が好き」なんて言葉を聞くと
ちょっとその子のことを嫌いになってしまったりしています。

よく、「ステロイド断ち」なんて治療法が言われます。
私も皮膚科で「薬なんてぬるな!精神力でかゆくてもガマンするんだ」
なんておっちゃんの先生に言われたことがあります。
その時は「アホか、そんなことできるかっ!」と反発して
言われた通りにはしませんでした。それで良かったと思っています。

そののちに、ステロイド薬を使わなくてもかゆみが抑えられる
という触れ込みのクリームを塗ったりしたこともありますが、
まぁ、効果はゼロでした。

ステロイドは、無理に断つ必要はないと思います。
逆に、無理に断つとかゆみでストレスがたまって逆効果。
うまく使いながら、根本的な原因を取り除く、という考え方が
一番よいのではないかと思います。
>>じゃあ、根本的な原因って?こちらのページでご覧ください

今も、アトピーは100%完治したわけじゃありません。
ステロイドもまだ塗っています。
でも薬の強さはだいぶ抑えていますし、塗る頻度も朝と夜の2回だけです。
以前は、学校や外出先にも持って行ってたのに・・・
どんどんアトピーが軽くなっていく実感があります。

それでも、私の場合はすぐには良くなりませんでしたね。
アトピーの根本的な治療をはじめたのは去年の3月。
もう一年半ほど経っていますね、考えてみれば。
それまで、さほど自覚はなかったのですが、振り返ってみるとずいぶん
よくなったんだなぁ、と。

ジムに行って、軽くシャワーを浴びても
ステロイドやクリームを塗らなくても結構平気になったんです。
これってかなりの進歩ですよ。
とにかく水に弱くて、体の油を流してしまうと
かゆくてかゆくてたまらなくなるタイプのアトピーだったんで・・・。
私がここまで改善した方法はこちらをご覧くださいね。

このブログはアトピー治療の正しい知識を提供するブログです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通訳案内士になる中国語
中国語 通訳
サラリーマンの中国語学習法

芸能人の中国語学習ノウハウ
ファンキー末吉 中国語講座
中国語学習の費用

女性の本能を刺激
口説き方のテクニック

TOEIC980点
TOEIC 600

いい人を演じてもてない俺
初デートでの会話

恋のステップ
会話が続かない・・・
アメリカの恋愛


??????