中国語検定対策をしても中国語を話せるようにならない3つの理由

特にマジメに中国語を勉強して、話せるようになりたいと思っている人ほど、
中国語検定やHSKなどの資格試験を目標にしてしまいがちです。
でも、それは間違っています。中国語検定1級に合格しても、
中国語を話せるようにはなりません。

理由① 中国語検定はあくまで知識を試すもので、
会話の能力を測るものではない

理由② 中国語検定の問題に出てくる文法や単語が、
必ずしも普段の会話で必要なわけではない

理由③ 中国語検定の勉強はあくまで座学。
じっと座って机に向かっていても、実際に話す練習をしないと
話せるようにはならない!

こう書いてしまうと、当然のことですよね。
でも、マジメな人ほどこういうことに気づかず、
中国語検定の勉強に邁進してしまうものです。

そうなりたくなかったら、
①知識の詰め込みばかりでなく、
②ちゃんと普段の会話のフレーズをカバーした
③実際に話す練習ができる
勉強をしなければなりませんね。
それを満たしているのがこれです↓
実際に話すことにフォーカスした中国語勉強法(動画を活用)

「この勉強がいつか、話すときの役に立つはず」そう考えて、
マジメに中国語検定の対策に集中するのですが、「いつか」は
こないと考えたほうがよいでしょう。
検定試験の勉強は、あくまで検定に受かるためだけのもの。
中国語会話ができるようになりたければ、中国語会話の勉強をしないといけないのです。
実際に話すことにフォーカスした中国語勉強法(動画を活用)

 

 

 

 

 

 

 

 

通訳案内士になる中国語
中国語 通訳
サラリーマンの中国語学習法

芸能人の中国語学習ノウハウ
ファンキー末吉 中国語講座
中国語学習の費用

女性の本能を刺激
口説き方のテクニック

TOEIC980点
TOEIC 600

いい人を演じてもてない俺
初デートでの会話

恋のステップ
会話が続かない・・・
アメリカの恋愛

One Response to “中国語検定対策をしても中国語を話せるようにならない3つの理由”

  1. Mr WordPress Says:

    こんにちは。これはコメント例です。
    コメントを削除するには、ログインしてその投稿のコメントを表示させてください。そこでコメントを編集したり削除したりすることができます。

Leave a Reply

www.moneypartners-kuchikomi.com